2016年9月30日金曜日

コプラと「道」⑥

詩集『カスティーリャの野』にはさらに、こんなコプラもあります。

すべて過ぎ去り すべては残る
けれどわれわれが成すのは 過ぎること
道を開いて過ぎるのだ
海上の道を
Todo pasa y todo queda,
pero lo nuestro es pasar,
pasar hasiendo caminos,
caminos sobre la mar.

「すべて過ぎ去り すべては残る」、そのあとにも果てしない海がひろがり、われわれを待ち構えている。人がたどる道は海を歩むこと。われわれのできることは、航跡のようにやがては消えていくのであろう海の道をきり開き、過ぎゆくこと。

それは、どん底に追い込まれながら、それを自覚するに至っていないスペイン国民への呼びかけであり、励ましのようにも思えます。

後述するように、内戦へと向かう厳しい時代にあって、マチャードの夢はかなうことなく、やがて悲惨な終焉を迎えることになります。

しかし、彼の思いを込めて作られたコプラの多くは、深く民衆の心をとらえ、現在にいたるまで広く歌い継がれています。


たとえば、私の手元にある『喜びは我らに(El gusto es nuestro)』というCDを聴いていると「Caminante, son tus huellas」ではじまるマチャードのあのコプラに出あいました。

『喜びは我らに』は、フランコ独裁に逆らって歌いつづけた、ちょうどビートルズと同世代の3人のシンガーソングライター、ジョアン・マヌエル・セラー、ミゲル・リオス、ビクトール・マヌエルが、1996年の8月から9月にかけてスペイン27都市を巡ったコンサートのライブ・アルバム。

マチャードのコプラは、アルバムの14曲目、セラーが作った「Cantares」という歌に挿入されています。ライブでは、セラーとリオスがかけあいでこの歌を熱唱。

その中でこのコプラが叫ぶように朗読されると、観客たちの歓声はひときわ高まりをみせました。マチャードの詩はいまも言葉の力を失っていないのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿